C72C8010-408E-4E9D-A766-31E888939F22.jpe

那賀町木頭

徳島県産木頭柚子

徳島県の山間部は

昼夜の温度差が激しく

ひときわ

​香り高いゆずが実ります。

ゆず狩り隊

毎年大好評!

11月第2日曜日(木屋平)

12月第2日曜日(拝宮)

※変更あり

 

参加ご希望の方は10月末までに

柚りっ子にお申し込みください。

徳島県の山間部では高齢化でゆずを収穫することが困難になり、ボランティアの手助けを必要としています。ご一緒にゆず狩りをしませんか。お昼はカレーライス、ぜんざい、いも餅も。

ゆず農家様 ご紹介

富田様

  • Grey LinkedIn Icon

徳島県那賀町木頭北川地区は高知県との県境に近い高い山です。そこで柚を栽培している富田賢一さんは、柚畑の中に蜂を飼っています。農薬を使うと蜂が死んでしまうので、ず~と消毒薬は使ったことがないといいます。しかし、体調をくずし、いつもの産直市に柚を運ぶことが出来なくなり、柚を収穫をあきらめていました。柚りっ子が買い取りをお願いすると、「生きがいができた。」と、とても喜んで下さいました。

富田様(奥様)

  • Grey LinkedIn Icon

ご主人と、柚りっ子の為に柚子を育ててくださいます。

作曲が趣味で、たくさんCDも出され、その歌も人柄が伝わってきます。

井本様

  • Grey LinkedIn Icon

井本さんの柚子畑は谷の向こう側にあります。柚子はジェットコースターのようなモノレールで運びますが、人は、谷を石から石に飛び渡り、次なるは石と石との上に渡された一枚の杉板を一歩一歩慎重に・・渡り、ゆず畑にたどり着きます。

上野様

  • Grey LinkedIn Icon

那賀町木頭 上野茂さんの柚畑は急な斜面にあるので、

「素人では無理」と

いつも収穫しておいてくれます。

発明家で、ゆずの搾り機を考案し、たくさん作ったそうですが、今は、部品もなく作れないといわれ、あきらめていましたが、今も利用している木頭北川の中村貴さんの家に今も使われているのを見つけました。

大田様

  • Grey LinkedIn Icon

那賀町拝宮​の大田さんは、小柄の三澤よりさらに小柄です。

しかし、動きは素早い!
一日中動きまわり、4棟もある広い屋敷は

きれいに、整えられています。

知り合った前年にご主人を亡くされ、

ゆずの木が手に負えなくなっていたとき、

知り合いました。

年に何回かお会いするのが楽しみな方です。

いつも、野菜や、花をお土産に

用意してくれています

 地造様 広瀬様

  • Grey LinkedIn Icon

木屋平「わらびの会」代表 地造津根子さん、

広瀬文代さんです。

 

蕨(わらび)は、地面の下で、しっかりとつながっていることで、会の名前にしたそうです。

お二人とも、ご自分の柚畑をお持ちですが、地元の吉田医師のザンビア支援のことを知り、

協力したいと、近くの放置されている柚畑を無償でかり、柚を収穫し、その売上げ全額を

寄付しています。

11月

徳島県美馬市木屋平(こやだいら)の「わらびの会」は、毎年11月第2日曜日に柚狩りを実施します。

雨が降っても、必ずします。

数十人くらいが一気に柚を狩り取ってしまいます。

お昼は、カレーライス、おやつはぜんざいや芋もち。

 

この柚を、柚りっ子は全部買い取ります。

この代金は、ザンビアの支援に使われます。

「5人に一人の子供が死ぬ」これを食い止めようと、この村の吉田医師が、ザンビアの母親を教育しているのです。

この活動はTICOでご覧ください。

 

柚りっ子を買ってくださると、そのお金がザンビアのみなさんに役立っているかも?

1611242307426.jpg
sign.jpg

12月

那賀町拝宮(はいぎゅう)での12月の霜ふりゆず収穫の日です。

この日は、徳島大学の交際交流のボランティアが手伝ってくれました。

 

若い力は、頼もしい!たくさん取れましたがでも、まだまだ柚は、残ってしまいました。

株式会社柚りっ子
〒770-0861 徳島市住吉1-9-34
Tel  088-678-3383
Fax 0120-038-044
Copyright(C)2021 yuzurikko All Rights Reserved.
  • Facebook
三澤社長のFacebookはこちら